<-- --> 明石市 A様邸 浴室入替工事 - 有限会社 イーリンク

明石市 A様邸 浴室入替工事

| コメント(0) | トラックバック(0)
皆さま、こんにちは。

今日は朝からとってもいいお天気で、梅雨はどこへ行ったのかしら??という感じですね。

かなり日差しもきつくなってきました。日焼け対策も万全にしなければと気になる所です。


さて、今日は公団型マンションでタイルのお風呂からシステムバスにリフォームさせて頂いた様子を

ご紹介させて頂きます。

BEFORE

CIMG8271.JPG

既存の浴室のお写真です。タイル貼りのお風呂で浴槽も小さめなので今回入替える事となりました。


実は、A様のお住まいのマンションでは浴室のリフォームは今回が初めてだそうです。


どうしても古いマンションの浴室は形もサイズもさまざまなので大きさの決まっているユニットバスは入ら

ない!という事があります。

また、工事中大きな音が出てご近所様に迷惑になる・・・などの理由でリフォームを断念しておられる方

は多いかもしれませんね。

でも、そんな方に今日は明石市のA様邸で工事させて頂いたご自宅の浴室のサイズに合わせられる

タカラスタンダード『ぴったりサイズシステムバス』のリフォームをご紹介させて頂き

たいと思います。


では、少し工事の様子をご覧下さい。



CIMG9484.JPG
浴槽と給湯器が撤去されています。でもいつものユニットバス入替工事と少し様子が違うと思われ

ませんか?

そうなんです。普段ならタイルの壁は全て撤去してしまうのですがタカラの独自の技術で床や壁を

はがす大がかりな工事の必要もなく、既存の壁の上に新しいホーロー製の壁パネルを貼ってい

きますので大きな騒音や振動が発生することがありません。

ご近所への迷惑や気遣いも少なくなり安心してリフォームできます。



CIMG9489.JPGこの写真はそのホーロー製のパネルを貼っている様子です↑  ↑

このように既存の壁の上に貼っていくので元の浴室とほとんど大きさを替えずに入れることができます。


ひとつひとつの浴室にぴったりサイズのユニットバスをオーダーメイドできますので空間のムダを最低限

に抑え広い浴室空間を確保することができます。


では完成した様子をご覧下さい↓  ↓  ↓


AFTER

CIMG9500.JPG
こちらはタカラスタンダード『広ろ美ろ浴室』になります。浴室の間口・奥行共に極小サイズ

からオーダー可能ですので小さめのマンションなどの浴室のリフォームも可能になります。

これは嬉しい情報ですね!!

また、ぴったりサイズ設計により壁から壁の奥行きいっぱいのゆったりとした浴槽も実現しました。


BEFORE


CIMG8276.JPG
これまでは浴室内にバランス釜があったので浴槽のサイズは小さ目しか入りませんでした。

↓  ↓  ↓


AFTER

CIMG9502.JPG              
でも、このように壁貫通型給湯器に交換することにより、壁から壁までのワイドな浴槽を設置できました。

もちろん、こちらの浴槽もオーダーメイドになりますのでぴったりとおさまるんですね。

ちなみに左のリモコンの下に浴槽に挟まれてチラッと見えているのが壁に埋め込まれた給湯器です。

これならゆったりとお風呂に入って頂けますね。


・・・また、今回の工事の際に一緒に台所への給湯配管工事もさせて頂きました。


工事の為にシンク部分を一時撤去したお写真ですがご覧下さい。

これまで台所にお湯の配管が無くてお水しか出ず不便でした。



CIMG9481.JPG
それで、既存の給湯配管を分岐して台所に持ってくることで(↑ ピンクの配管)台所でもお湯を使って

いただけるようになりました。これで寒い冬もあったかいお湯で洗い物をして頂けます。


これでA様邸の全工程が終わりました。

これまでにA様には色々とご依頼を頂いてきましたが今回も当社に工事のご依頼をして頂きありがとう

ございました。是非お風呂タイムを楽しまれて下さいね。


マンションのリフォームというと色々な制限があり諦めておられる方もいらっしゃるかと思いますが、

今回のようにオーダーメイド可能なリフォームで快適で使いやすいお風呂に生まれ変わることができま

す。古くなってきたとか使いづらい・・・など何かお困りでしたら是非一度イーリンクにご相談下さい。

皆さまにピッタリのリフォームをご提案させて頂きます。


お電話はこちらまでillust4606g.gif

     (有)イーリンク  079-435-7051 







トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.elink.ne.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/381

コメントする