<-- --> おうちの雨漏り対策 大丈夫ですか?! - 有限会社 イーリンク

おうちの雨漏り対策 大丈夫ですか?!

| コメント(0) | トラックバック(0)
みなさんこんにちは、金尾です。

春を通り越して夏が近づいているんじゃないかと感じる暑さですね。
街中では最近、半袖の人も見かけるようになってきました。

今日のような雨でも熱中症には気を付けましょう。

今月7日までで、全国の熱中症患者は422人が救急搬送され、一人がお亡くなりになったそうです。
できるだけ水分はこまめに取るようにしたいですね。


久しぶりになりましたが、最近の工事のご紹介をしたいと思います。


いつもお世話になっている方から、賃貸物件のリフォームを2件依頼していただけました。
そのうちのひとつの工事完了間近で、なんと雨漏り発覚!
急遽修繕工事をすることになりました。

P_20170407_092643_vHDR_Auto-2328x1746.jpgP_20170407_092652_vHDR_Auto-2328x1746.jpg




















このようにもう石膏ボードに穴が開いています。それでめくってみると
P_20170407_101209_vHDR_Auto-2328x1746.jpg
こんな風に屋根裏の板材が腐ってしまっています。

屋根の勾配が急すぎて調査もできなかったので、足場を組んでいきます。
壁と屋根に足場設置です。余分な予算を抑えるために必要な部分のみに足場を組みますが
倒れてはいけないので"壁つなぎ"といって固定もします。
安全対策にはしっかりと気を配ります。

関係ないですが、満開の桜がキレイですね(*^o^)/\(^-^*)
P_20170412_153338_vHDR_Auto-2328x1746.jpg
P_20170412_153422_vHDR_Auto-2328x1746.jpg


















原因を探ると、雨水を流さなければいけない板金部分の工事のやり方に問題があるようでしたので
やりなおしで取り替えることにしました。





CIMG8710.jpgCIMG8713.jpg






















屋根や壁の悪い部分のみ慎重にはがしていき、問題の箇所まで現していきます。
合板は雨腐れで穴が空いてしまっていましたが、垂木と呼ばれる支えの木材には影響がありませんでしたので、ホッとしました。

CIMG8717.jpg



補強を足しながら、合板とルーフィング(防水シート)を復旧していきます。

1494331585438.jpg1494331585320.jpg


















そして、納まり具合の悪かった板金は交換し、新しい屋根材を張りつけ、必要な部分に塗装をして完了です。

CIMG8738.jpgCIMG8740.jpg



















元々の赤く塗装された屋根となじむように、近い色合いの材料を探してくれましたので、それほど目立ちません。


この後、無事に足場も解体して完了となりました。
急な工事で、各職人たちには無理を言いましたが、頑張ってくれました。
職人の皆さんもお疲れ様でした。




雨漏りは気づかないうちに進行しておうちそのものに重大なダメージを与えてしまいます。

少しでも心配があればどうぞお早めに調査依頼をしてくださいね。

イーリンクのスタッフと、必要に応じて屋根の専門の担当者が同行でしっかりと調査をして説明し、必要なら工事のお見積りをお出しします。(当日の写真でしっかりとご説明します)

また、梅雨前のこの機会にお早目の点検を希望される方はお気軽にご相談ください。


最後に一つご案内です。

イーリンクでは、おうち全体の現在の状態がどうなっているのか、全日本建築士会連合会に所属の専門家によるインスペクション(診断)も行っています。

1-2時間の現地調査と、写真付きの報告書をご提出しますので、どこが傷んでいるのか、どのような点に注意しなければいけないか等、しっかりと把握するのに役立ちます。

身体と同じで住宅も定期的な診断が必要です。どうぞご相談ください。



~各種修繕から大規模リフォームまで~

有限会社イーリンク 二級建築士事務所

0120-60-7051

メールの方はinfo@elink.ne.jp


建築のことに関する専門知識を持ったスタッフが親身にご相談にのらせて頂きます。
お気軽にご相談下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.elink.ne.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/473

コメントする