<-- --> 有限会社 イーリンク: 2017年10月アーカイブ

2017年10月アーカイブ

皆さんこんにちは
金尾です

昨日の台風すごかったですね!
前回の明石上陸よりキツかった気がします。
あの時の台風前後から、雨漏りの調査依頼が激増しています。

大切な我が家に雨が漏ってくるというのはとても心配ですね。
何かあればイーリンクへご相談くださいね。

私たちイーリンクは、皆様のお家を大切に使い続けて頂くために必要な様々なお手伝いをしています。

いつもダイレクトメールを受け取ってくださる方の所には
【既存住宅状況調査】
に関するお知らせが行っていると思いますが、お家を安全に安心して使っていくためには定期的な点検やメンテナンスが重要です。

さて、今日は耐震リフォーム達人塾なるものに参加しています。

20171023122007.jpg

兵庫県では耐震診断や改修工事に対する補助金制度がある事はほとんどの方がご存知だと思いますが、「うちにはとても費用が出せないから」とか「もう歳も歳だし、あとを継ぐ人がいないからもう直さなくてもいい」等、否定的なご意見がとても多いなと感じています。

今日参加している講習会では、いかにして安い費用で耐震性を上げていくのかをポイントとして消費者の皆さんの為に最新の技術を学ぶものとなっています。

20171023111456.jpg

実は去年も参加したんですが、以前よりも現場に適合する工法が増えて充実しています。

お客様の思いや要望に沿ったプランを一緒に考える事、正しい耐震評価をして根拠に基づいた正しい改修工事をすること、解体が少なく工期が短い工事を計画すること等しっかりと学びたいと思います。

耐震診断ご興味のある方、不安に感じている方はお気軽にご相談下さい。


~バリアフリー・増改築、修繕工事のご相談なら地元の工務店の~

有限会社イーリンク 二級建築士事務所

0120-60-7051

メールの方はinfo@elink.ne.jp


建築のことに関する専門知識を持ったスタッフが親身にご相談にのらせて頂きます。
お気軽にご相談下さい。


播磨町 T様邸 室内バリアフリー工事編

| コメント(0) | トラックバック(0)
みなさま、こんにちは。

先ほどの記事でお知らせしたように、続いて室内のバリアフリー工事をご紹介させていただきます。

まずはドア廻りの段差解消です。写真をご覧ください。


IMG_3847.jpgIMG_3845.jpg















廊下から台所へ入るドアになるのですが、主婦の皆さんが1日の多くを過ごす場所なので、それだけドアを行き来する機会も多いと思います。

しかし、ご覧いただいてお分かりのように、こちらもドアの敷居によって大きな段差が出来ているため調整が必要になりました。




段差調整をした後の様子がこちらです。
IMG_9409.jpgIMG_9414.jpg

















右側の写真で敷居の上の部分が色が変わっているのに気が付かれたでしょうか。
この部分の高さを削り、さらにわずかに残った部分もアーチ型にすることによって、足がつまずくのを防ぐことが出来ます。

そして、こちらのドアは打ち増しをして隙間を無くし、これまでお使いのものを引き続きお使いいただくことになりました。

新しいものも嬉しいですが、長年使い慣れたものを使い続けるのも安心できますね。 


そして最後に、玄関回り~2階への階段に手すりを取付させていただきました。
IMG_9382.jpg

IMG_9397.jpg

IMG_9401.jpg

IMG_9402.jpg
玄関回りや階段は、身体が辛くなってくると最初に影響が出る場所かもしれません
外出を控えたり、危ないからと使わなくなったりすると寂しく感じるものですよね。

そんなときでも、こうしたサポートがあると前向きに頑張れるような気がします。
もちろん無理は禁物ですが、こうして毎日の暮らしのお手伝いをさせていただけたら嬉しいです。


まだまだ大丈夫~と考えておられる方も、一度お家の中を見直してみるのはいかがでしょうか?

そして、前から気になっているところがおられる方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

福祉住環境コーディネーターを資格を持ったスタッフが、お客様に合わせたご提案をさせていただきます。

トイレ入替 & バリアフリー工事の様子も併せてご覧ください。

~増改築、リフォーム、リノベーションのご相談なら地元の工務店の~

有限会社イーリンク

0120-60-7051

メールの方はinfo@elink.ne.jp

みなさま、こんにちは。

10月最初の月曜日、雨のスタートになりましたね。
週の始まりの雨は少々うっとうしいものですが、時間と気持ちに余裕をもってお過ごしくださいね。

それでは今日も施工事例をご紹介させていただきます。

今回は同じ播磨町内のお客様を工事させていただきました。トイレ入替工事と室内のバリアフリー工事とになります。

室内のちょっとした段差は毎日生活して慣れているため、体への負担を実感しにくい場所かもしれません。
しかし、日々の暮らしにつながっているからこそ、チェックが欠かせない場所でもあります。

まずはお客様のお家の様子をご覧ください。

IMG_1398.jpgIMG_1399.jpg

左右の写真をごらんください。

ドアの敷居が高くなっているために、廊下側もトイレ側にも段差が出来ています。

夜に足下が不安な場合、ヒヤッとすることがあるかもしれません。




今回は、この段差を無くすためにトイレの入替工事と床を新たに造作しました。
さらに、敷居を撤去したドア開口部に合わせて、オーダーメイドのドアを取り付けさせていただきます。

IMG_9233.jpg

←まずはトイレの床をすべて撤去して、新たな木材で下地を組みます。

グラグラと不安定にならないように、しっかりと強度のある木材を使って組んでいきます。

この時に、排水管も備え付け、トイレ便器の取付の準備も整えます。

そして、この上からフローリング材を貼って床の仕上げになります。

                  仕上がりの写真はこちらです↓↓
                   After
IMG_9388.jpg




→→→→→→→→→→→→









いかがでしょうか?廊下側の床と同じ高さになりました。見た目にも統一感があって素敵です。
写真では木製フローリングに見えるかと思いますが、実は木目調のクッションフロアなんです。
名前の通りクッション性がある床材で、すべりにくく衝撃吸収性に優れてるので、足への負担も和らぎます。


次はいよいよトイレの設置です!!どのように変わるでしょうか?

       Before                       After
IMG_0879.jpgIMG_9390.jpg




























いかがでしょうか?明るくキレイなトイレ空間が完成しました。

新しく取付させていただいたのは、TOTO ウォシュレット一体型トイレです。

これまでお使いではなかったウォシュレット機能が付いたトイレです。これから寒くなる季節も暖房便座で温かくご使用いただけます。

また、便器の洗浄からウォシュレットの使用まで全て壁に取り付けたリモコンで操作を行うことが出来るようになりました。

狭い空間で何度も体の向きを変えなくていいのが嬉しいですね♪

さらに、写真にも写っていますが、手すりも取り付けさせていただいています。
足下が心もとない時も、しっかりと体を支えることができて安心です。


そして最後に、トイレドアの取付です。

IMG_9383.jpg

扉をオーダーメードで作り取付たので、リフォームしたとは思えないほどぴったりとしたドアになりました。
敷居を取り外したあとに出来てしまう隙間もなく仕上げることが出来ました。

こうしてトイレ廻りのリフォームが完成しました。体への負担を軽減して安心してお使いいただけたら嬉しいです。

さて、トイレ廻りの造りをご覧いただいてお気付きかもしれませんが、室内には他にも心配な点が幾つかありました。
その他のバリアフリー工事については、このあとの記事でご紹介させていただきます。

~増改築、リフォーム、リノベーションのご相談なら地元の工務店の~

有限会社イーリンク

0120-60-7051

メールの方はinfo@elink.ne.jp