<-- --> 播磨町 M様邸 塗装工事~屋根・壁ともに美しい仕上がりに~ - 有限会社 イーリンク

播磨町 M様邸 塗装工事~屋根・壁ともに美しい仕上がりに~

| コメント(0) | トラックバック(0)
みなさま、こんにちは。

今年は近畿地方になかなかやって来ない『梅雨』ですが、先日お天気コラムで梅雨を『梅の雨』と書くのは、梅の実が熟していく頃に梅の実を大きくしていく雨なので、と紹介されていました。
長く続くとうっとうしくなる雨ですが、実りを届けてくれると思うと気分も違ってきますね。

さて、本日は先日ご紹介した屋根工事と併せて行った外壁塗装工事のご紹介です。

お客様宅は、一部がカラーベストと呼ばれる屋根材になっていましたので、塗装を行う必要があり、外壁についても同時に調査させていただきました。

Before
CIMG5934 (Medium).JPG
毎日、太陽の陽射しや風雨にさらされていますので、表面に少しずつホコリや汚れがこびりついていきますね。
この付着した汚れは、単に見た目だけの問題ではなく、外壁そのものを劣化させることもあるので見逃せないポイントです。

もう少し拡大して見てみるといかがでしょうか。

CIMG5939 (Medium).JPG
これまでに部分的に補修しておられたところもありましたが・・・
CIMG5941 (Medium).JPG
新たに大きな亀裂も見つかりました
CIMG5951 (Medium).JPG
お家のあちらこちらにひび割れが見られました
CIMG5664 (Medium).JPG
矢切の飾り格子も色落ちしているのが分かります
CIMG5956 (Medium).JPG
それで、今回はお家全体を塗装することになりました。

下塗りも細かなところまで入念に作業を行ないます
CIMG6633 (Medium).JPG
限られた空間の中で細かな作業が続きますが、職人のガンバリで丁寧に施工を進めていきます。

作業工程に合わせて養生をしていますので、スムーズに作業を行なえます
DSCN9498 (Medium).JPGのサムネール画像
軒天井部分の木部も塗り分けをして仕上げています
DSCN9657 (Medium).JPG
メリハリが出来て、とてもきれいに仕上がっていますね。この色を塗り分ける作業、塗装工程としてはかなりの手間になるのですが、せっかくの塗装工事で見栄えもよくなるように、職人に腕を発揮してもらいました!

もともと色分けされていなかった帯部分も
DSCN9740 (Medium).JPG
飾り格子
DSCN9658 (Medium).JPG
シャッター・シャッターボックス
DSCN9811 (Medium).JPG
付帯部分も艶が出て色鮮やかに仕上がっています。全体の完成まで、あと一息です。

DSCN9798 (Medium).JPG
最後に、屋根塗装の工事前後の様子です。
Before
CIMG5653 (Medium).JPG
コケなどの汚れがかなり付いている状態でしたが・・・。

高圧洗浄を行い
CIMG6604 (Medium).JPG
下塗りもしっかりと
CIMG6632 (Medium).JPG
After
DSCN9796 (Medium).JPG
美しい屋根が蘇りました♪保護効果も高まって安心ですね!

それでは、お家全体の完成写真をごらんください!

After
DSCN9839 (Medium).JPG
コントラストが美しい外壁塗装が完成しました!
屋根はもちろんのこと、お家の付帯部分がアクセントになって、全体が引き締まって見えますね。

どの角度から見ても風格がありますね
DSCN9841 (Medium).JPGのサムネール画像のサムネール画像
屋根工事から外壁塗装まで長期間の工事になりましたが、お客様にも喜んでいただける仕上がりとなりました。

今回のお客様のように、屋根に塗装が必要な場合でなくても、同時に工事を行うことで足場組立の工程をまとめることができ、負担を減らせるメリットがあります。

もちろんお家の状況に合わせて各工事を行うことができますので、お気軽にお問合せください。
丁寧な調査と工事で、お家を守るお手伝いが出来ましたら幸いです。

M様はとても喜んでくださいましたので、今月は更に防音性を高める内窓の設置等の
工事もさせて頂いています。


~ちょっとした修理から増改築、リフォーム、リノベーションのご相談なら地元の工務店の~

有限会社イーリンク

0120-60-7051

メールの方はinfo@elink.ne.jp

LINEの方は友だち追加またはQRコードを読み取ってくださいね
イーリンクLINE.jpgのサムネール画像



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.elink.ne.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/729

コメントする