<-- --> 明石市 A様邸 屋根補修工事 - 有限会社 イーリンク

明石市 A様邸 屋根補修工事

| コメント(0) | トラックバック(0)
みなさま、こんにちは。

本日は、外壁塗装・屋根修繕工事をご紹介いたします。
1回、2回と築年数に応じて行なっていく外壁塗装ですが、壁と同じく気になってくるのが屋根の状態かもしれません。
今回ご紹介するお客様も、今回が2回目の外壁塗装で、屋根修繕も同時に行なってくれる業者を探しているとのことで、お問合せをいただきました。

そこで、早速お伺いして屋根と外壁の状態を調査させていただき、必要な工事のご提案をしました。
お客様からも時折雨漏りがするとお伺いしていましたが、屋根・外壁ともに原因となる症状があり、補修させていただくことになりました。

最初に取りかかったのは屋根工事です。

まずは、工事前の様子をごらんください。

Before
DSCN2085 (Medium).JPG
屋根に上ってみても、この距離では何の問題もないように見えるかもしれません。
1ヶ所ずつ確認していくとどうでしょうか。


大屋根
DSCN2092 (Medium).JPG
漆喰の劣化が見られました。また、谷板金には銅板が使用されていたため経年劣化による雨漏りが将来的に発生するリスクがありました。

下屋根
DSCN2097 (Medium).JPG
下屋根も大屋根と同様漆喰の劣化が見られました。また、瓦のズレも数か所あり、元の状態に戻す必要がありました。
瓦の割れ
DSCN2113 (Medium).JPG
こちらの瓦の割れは、緊急対応で補修をさせていただきました。

板金屋根
DSCN2078 (Medium).JPG
錆や塗装剥がれがあり、防錆塗装が必要な状態となっていました。
こうして屋根全体を確認し、工事が必要な箇所を見極め、実際の補修に入ります。

見落としがないよう補修箇所に目印をつけます
SekouA2 (Medium).jpgのサムネール画像

漆喰の撤去・塗り
SekouA3 (Medium).jpg
谷板金入替
SekouA4 (Medium).jpg
防水シートを隙間なく敷設したうえで、新しい板金を設置します。

全体の仕上がりはどのようになったでしょうか。

After
DSCN4351.JPG
漆喰の白さが際立つ屋根が完成しました!

1ヶ所1ヶ所しっかりと補修されています
SekouA5 (Medium).jpg
割れていた瓦も取替完了です!
DSCN4575 (Medium).JPG
板金屋根もつやつやに輝いています
DSCN4567 (Medium).JPG
こちらは後ほどご紹介する外壁塗装工事と併せて施工させていただきました。

After
DSCN4597.JPG
こうして屋根工事が完成しました。
今日はイーリンク事務所周辺は雨風の1日で、雨漏り調査の問合せをいただきました。
雨漏りの原因は様々ですが、屋根に起因する場合も多くあります。
気になる症状がおありの方は、お早めにお問合せください。

次回の記事では、外壁塗装工事をご紹介いたします。

~ちょっとした修理から増改築、リフォーム、リノベーションのご相談なら地元の工務店の~

有限会社イーリンク

0120-60-7051

メールの方はinfo@elink.ne.jp

LINEの方は友だち追加またはQRコードを読み取ってくださいね
イーリンクLINE.jpgのサムネール画像

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.elink.ne.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/852

コメントする