<-- --> 明石市 N様邸 住宅改修工事~キッチン編~ - 有限会社 イーリンク

明石市 N様邸 住宅改修工事~キッチン編~

| コメント(0) | トラックバック(0)
みなさま、こんにちは。

今週は初夏のような陽気の1週間となりましたね。
良いお天気が続いたので、最後の冬物を片付けられた方も少なくないのではないでしょうか。

さて本日は、昨年末にさせていただいた住宅改修工事をご紹介いたします。

最近は、リノベーションという言葉がよく聞かれるようになり、理想のマイホームを作る1つの方法として定着してきました。
今回のお客様も、ご両親宅を手直しして住まわれるとのことで、工事をさせていただくことになりました。

メインは、ダイニングキッチンです。

Before
DSCN1782 (Medium).JPG
クラシックなデザインのL型キッチンですね。カウンターもあって広々としたキッチンなのがよく分かります。
昔は一般的だった壁付キッチンですが、やはり今は対面キッチンが何かと便利です。
今回、奥様は何とか対面型にしたいというご要望でしたので、よく調査して壁を撤去する事で方向性が決まりました。そのために、今回の工事では給排水位置も一から変更し仕上げることになりました。

それでは、工事スタートです!

キッチンに不要な壁をすべて撤去しました
DSCN1796 (Medium).JPG
しかし、写真中央に見える柱が1本残ってしまいました。キッチンの真ん中を遮ってしまう柱はスペース的にもデザイン的にももったいないですね。
構造を確認したところ、移動させても問題ないようでしたので、思い切って柱位置を変更することになりました。
柱移動後の様子
DSCN1933 (Medium).JPG
これで、理想の位置にシステムキッチンを設置することができます!
とは言うものの、柱が1本だけポツンと立っているのも何だかしっくりきません。
そこで、今回はこの柱を覆うようにミニ壁を作ることになりました。

ミニ壁造作中
DSCN1963 (Medium).JPG
システムキッチンの奥行に合わせて、ちょっとした仕切りともなる壁を現場で造作しました。
また、壁の一部は飾り棚として使えるようにデザインしています。

壁のボードも新たに張り、内装も仕上げに進みます
DSCN1966 (Medium).JPG
写真では養生で覆われていますが、床のフローリングも張り直しています。

完成が少し見えてきました!
DSCN2040 (Medium).JPG
ダークグレーのキッチンパネルが白い壁に映えてアクセントになっていますね。

こうして完成したキッチンがこちらです!!

After
DSCN3160 (Medium).JPG
シックな色合いで高級感のあるキッチンが完成しました!
こちらのキッチンは TOTO ザ・クラッソ スリム対面フラット型です。
憧れのフラットキッチンですが、スリム型なので奥行にスペースを取られすぎず、キッチン廻りもゆったりと活用できます。

リビング側から見ると
DSCN3169 (Medium).JPG
奥まで見渡せるので、開放感があり広々とした印象です。

ワークトップはいかがでしょうか。

ワークトップ
DSCN3165 (Medium).JPG
シンクから調理台まで同じ色で統一されスッキリとしています。

シンクまわり
DSCN3197 (Medium).JPG
溝や段差が少ないシンプルな形状で、お手入れしやすくキレイを保てます!
さらに、水栓はワンタッチスイッチなのでレバーを回さずに使えます。
調理や洗い物の途中で手が汚れている時にも簡単に水が出せるので便利ですね☆

また、TOTOの技術「キレイ除菌水」生成器も備わっているおかげで、調理器具から排水口まわりまで衛生的に使えます。これからは新たなスタンダードとなる機能かもしれませんね。

After
DSCN3166 (Medium).JPG
シンク側の仕切り壁もキッチンパネルとトーンを揃えて一体感のある仕上がりとなっています。
システムキッチンが落ち着いたカラーの分、床のフローリングは明るい色合いでお部屋も暗くなりすぎずバランスのよい空間となりました。

メインのキッチンが完成し、洗面・トイレへと工事を進めました。
その様子は、次の記事でご紹介いたします。

~ちょっとした修理から増改築、リフォーム、リノベーションのご相談なら地元の工務店の~

有限会社イーリンク

0120-60-7051

メールの方はinfo@elink.ne.jp

LINEの方は友だち追加またはQRコードを読み取ってくださいね
イーリンクLINE.jpgのサムネール画像

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.elink.ne.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/868

コメントする