<-- --> 火災報知器 - 有限会社 イーリンク

火災報知器

消防法改正により、全国一律で取り付けが義務づけられてる
火災報知器
もう準備されているでしょうか

火災報知器って何?
住宅用火災報知器は、火災により発生する煙を自動的に感知し、住宅内にいる人に対し、警報ブザーや音声により火災の発生をいち早く知らせ、避難を促す器具です。
天井を感知する部分と警報を発する部分が一体となっていて、住宅内の天井若しくは壁面に取付けます。(火災報知器には、熱を感知する物と煙を感知するものがあります。)

どこに取付けるの?
火災報知器は、寝室、台所、階段の踊り場の天井や壁に取付けます。

消防法の主な改正内容
一戸建て、マンションを問わず、全ての住宅に火災報知器の設置が義務付けられる。新築住宅は平成18年6月1日以降着工されるものとし、現在お住まいの住宅については平成23年6月1日までとする。

イーリンクで取扱しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.elink.ne.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする